バーバラ・ウォルター氏によれば「アメリカは21世紀版の内戦に向かっている」

クーリエが面白い記事を発信している。Webでは一部しか読めないのだがメールで「これはオススメ」という記事を紹介しているのだ。内容はアメリカが21世紀版の内戦に向かっているというショッキングなものだ。もちろん「実際に明日内戦が起きる」という内容ではないのだがロジックとウォルター教授が持っている危機感が興味深い。

“バーバラ・ウォルター氏によれば「アメリカは21世紀版の内戦に向かっている」” の続きを読む

Amazonは社員全員がリクルーター:世界的な人材不足の中で優秀な社員獲得競争がますます加速している

日本で給料が上がらない謎について継続的に考えているのだが、東洋経済に面白い記事が見つかった。Amazonが一定以上のレベルの社員にLinedInというサービスを使わせているというのである。LinedInはプロフェッショナルが経歴を登録するサービスで転職活動にもよく使われている。だがこの記事は「Amazonは社員に転職を勧めている」と言っているのではない。逆にリクルーターとしての活動を期待しているのだという。つまり社員総出で新しい人材を探しているのだ。

“Amazonは社員全員がリクルーター:世界的な人材不足の中で優秀な社員獲得競争がますます加速している” の続きを読む

なぜテキサス州サン・アントニオで51名の移民が悲惨な状態で発見されたのか?

テキサス州のサンアントニオで移民を乗せたトラックが発見された。当初48名が亡くなっていたと伝えられていたのだが死者の数は51名に増えた。トレーラーには100名以上が詰め込まれていた可能性があるそうだがその詳しい人数はわかっていない。テキサス州は連日暑い状態が続いており、触った遺体も熱かったのだという。まさに現代の奴隷貿易船といった風情である。

「たまたまの事故だった」と思いたいところなのだがそうではないかもしれない。アメリカでは現在「前例のないオペレーション」が実施されている。つまり重点捜査状態だったということになる。

“なぜテキサス州サン・アントニオで51名の移民が悲惨な状態で発見されたのか?” の続きを読む

トルコが北欧2カ国のNATO入りを容認・NATOは中国の脅威にも触れる予定

日経新聞が6月29日未明(2022年6月29日 3:41 (2022年6月29日 4:33更新))に記事を出した。トルコが北欧2カ国(フィンランドとスウェーデン)のNATO入りを容認する見通しだそうだ。また、記事は中国の脅威も念頭に置いた今後10年の計画である「戦略概念」を発表するとも書かれている。「中国」がNATO全体の中でどの程度の重みのものになるのかはこの記事からはよくわからないが、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの首脳が招待されている。

岸田総理は先ほどスペインに到着した。NATOにとっても我が国にとっても重要な転換点になるのかもしれない。

“トルコが北欧2カ国のNATO入りを容認・NATOは中国の脅威にも触れる予定” の続きを読む

外為市場でドルが軟調なのにさらなる円安が予想されるわけ

このところ「ドル高円安がさらに進み1ドル150円になるかもしれない」などと囁かれていた。ところが少し風向きが変わってきた。FRBの急激なタカ派シフトのために急速に世界経済が冷え込み「世界経済リセッション」の可能性が出てきたためだ。アメリカの消費者の経済見通しも悪化している。米CB消費者信頼感という指標があり先月から4.5ポイント下回り100を割り込んだ。こうなると急激な利上げが難しくなるしその必要もなくなるだろう。

では円安危機は去ったのか?ということになる。答えは「どうやら円安危機は去っていない」である。順番に記事を読んで行く。

“外為市場でドルが軟調なのにさらなる円安が予想されるわけ” の続きを読む

ロシアがようやくデフォルト? いやまだまだデフォルトしていない?

NHKを見ていたら「ロシアがデフォルトした」というようなニュースをやっていた。正確には「デフォルトした」ような印象を勝手に持った。アメリカはG7に合わせて「ロシアはデフォルトした」から経済制裁の成果が出ていると主張している。ああやっぱりデフォルトしたんだなと思った。これをQuoraで書いたところBloombergの記事を持ち出して質問してきた人がいた。そこで改めて調べて見たのだがNHKの記事のタイトルは正確には「ロシアの外貨建て国債 “デフォルト”が起きた認識広がるか」というものだった。未曾有の事態が起きていて正確にデフォルトが定義できなくなっているのだ。

“ロシアがようやくデフォルト? いやまだまだデフォルトしていない?” の続きを読む

日本と世界の経済に影響を与え始めた異常気象

6月というのに関東地方は猛烈な暑さになっている。25日も暑かったが26日は都心で35度に到達した。二日連続の猛暑日になったのは1875年の観測開始以来初めてだったそうだ。気象庁は関東地方などの梅雨明けを発表した。梅雨の期間は関東地方でわずか21日間だった。降水も少なく地域によっては渇水も心配されるという。NHKは「ここまで早い梅雨明けは予想できなかった」という気象庁の所感を伝えた。専門家の間でも未曾有の事態だったことがわかる。

暑い夏は珍しくない。だが今年の夏は特別な夏になりそうだ。エネルギー価格が高騰し電気の不足も伝えられている。つまり、異常気象という他人事だった問題がついに我々一人ひとりの生活に影響を与えるようになってきたなという印象があるのである。

“日本と世界の経済に影響を与え始めた異常気象” の続きを読む

個人情報流出事件を起こした尼崎市のコールセンター雇用形態はやはり複雑だったようだ

尼崎市の個人情報流出事件はUSBも回収され情報が抜かれた形跡もなかったことから「ああよかった」ということで終わりを迎えたようだ。ほとぼりが冷めたことからコールセンターを請け負った業者がある告白をした。どうやら「多重請負状態」だったようである。請け負った業者は記者たちが勝手に勘違いしたといっている。

“個人情報流出事件を起こした尼崎市のコールセンター雇用形態はやはり複雑だったようだ” の続きを読む

中南米の例外国家エクアドルはなぜ反米左派ではないのか

BRICSが拡大会合を開き「アメリカを念頭に」「新興国支援を強調した」というニュースがあった。アルゼンチンもBRICS入りを希望している。中南米は左傾化が進んでおりブラジルもルラ大統領が再選されれば「左傾化」することになる。そんな中、例外になっている国がある。それがエクアドルである。ではなぜエクアドルだけ左傾化を踏みとどまっているのか。

“中南米の例外国家エクアドルはなぜ反米左派ではないのか” の続きを読む

アメリカで「神の名の下で」中絶を断罪する人たち

先日、アメリカでロー対ウェイド判決が覆されたことをご紹介した。そのリアクションがいくつか入って来ているのだが、予想を超える展開だったので短くまとめたい。先日は「最高裁判所が政治化した」と書いたのだが、最高裁判所が刺激したのは厳密には政治ではなかったようだ。

“アメリカで「神の名の下で」中絶を断罪する人たち” の続きを読む